料理遊々
料理遊々トップページ料理のこと>変わった調理器具



TOP

料理のこと

食事会

味の話

食育

陶芸修行

おすすめレシピ

店主プロフィール

LINK


掲示板

料理のこと

■変わった調理器具■



調理器具マニアの遊々の家には、普通の家庭ではまず見られない変わった調理器具があります。それなりに値段はするのですが、使い勝手のいい物が多い。そこで、今回はそのご紹介。

<日本料理編>

やっとこ鍋
やっとこ鍋
やっとこやっとこ繰り出した♪

■やっとこ鍋
取っ手のないアルミの鍋が、大小積み重なっているもの。仕舞う場所が狭くて済みます(*1)。持つ時は、横にあるやっとこで鍋の縁をつかんで持つ。不安定なように見えるけど、けっこう重い鍋もしっかり持てます。








盆ザル
盆ザル

■盆ザル
さばいた魚を置いたり、湯霜作りにしたりするときに使用。バットとザルの両方の役目をします。食材に優しい。









流し型
流し型

■流し型
卵豆腐や煮凍りなどを作るときに使用。縁の出ている所を持ち上げたら、上下に分かれて、外しやすくなる。









焼き板
焼き板

■焼き板(やきばん)
卵焼き器。出汁巻きはこれでなくっちゃうまくできません。銅製なので、ちょっとお高め。使い終わっても洗わずに、布で拭いてきれいにします。鮨メニューのときに大活躍。

上の板で、卵焼きの形を整えたり、器に移したりします。





ササラ
ササラです。電車ではありません。

■ササラ
こんなものも使います。下の小さい物は、魚の血合いをきれいに落とす物。上の大きい物は、中国料理のときに鍋を洗うための物です。最近は百均でも見かけるようになった。







ウロコ引き・骨抜き
上ウロコ引き・下骨抜き

■ウロコ引き・骨抜き
これがないと絶対に魚はさばけません。ウロコ引きは、横にこすってウロコを落とします。

骨抜き(*2)は、3枚におろした後、中骨を取る道具。これだけはいい物を買うことをおすすめします。安い物は先が合わなくて骨が抜けないということも起こります。




天ぷら用箸・まな箸
上天ぷら用箸・下まな箸

■天ぷら用箸・まな箸
一見同じように見えますが、実は全然違う物。天ぷら用箸は天ぷらをつかみます。滑らないように箸の先の方はギザギザがついている。

まな箸は、刺身などを盛り付けるときに使います。臭いがつかないように金属製になっている。ものすごく尖っていて、刺さると痛そう。



<西洋料理編>

ホイッパー
ホイッパーです
イルカはフリッパーです

■ホイッパー
泡立て器。なぜこれを紹介するかというと、これだけはプロ用が使いやすいから。針金の多さが威力を発揮。生クリームを立てるとき、家庭用のものより短時間で立ちます。








シノワ・パソワ
上シノワ・下パソワ

■シノワ・パソワ
両方ともこし器。シノワ(*3)は、目の粗いこし器。値が張ります。パソワはそれより細かい。スープを作るときに、ミキサーにかけた後、これでこします。







トング・パレットナイフ・スパテラ
上トング・中パレットナイフ
下スパテラ

■トング・パレットナイフ・スパテラ
トングは物をつかむ道具。主にフライパンで料理するときに使います。パレットナイフは、ケーキにクリームを塗ったりする物。スパテラは木べら。









チーズおろし
チーズおろし

■チーズおろし
ご存じ、固いチーズを粉状におろす物。思ったよりおろすのに時間がかかります。お高い!











デコ缶・タルト型・パイ皿
上デコ缶・左タルト型・右パイ皿

■デコ缶・タルト型・パイ皿
3つともデザート用。デコ缶はケーキを焼くときに使用(*4)。タルト型、パイ皿もこれに材料を載せて焼きます。









スケッパー・カード・綿棒
左スケッパー・右カード・下麺棒

■スケッパー・カード・麺棒
パン作りの道具。スケッパーとカードは、パン生地を切り分ける物。小型の麺棒は、のすときに使います。









バーミックス
バーミックス
私のお国はすいっすらんどよ♪

■バーミックス
ハンドミキサーの世界標準といえばスイス製のこれ。スープを作るときに、ミキサーに移さないで鍋の中でこれをかける。洗うのも楽ちん。










パスタマシーン
パスタマシーン

■パスタマシーン
これぞ宝の持ち腐れ。買ってから一回もパスタを作ったことがありません。生八つ橋を作っただけ。調理器具マニアもここまでくると・・・

→このページを書いてから2日後に思いついて生パスタを作りました。難しかったけど、面白いもんです。





*1 Tファールは、絶対この鍋のマネだと思うのは遊々だけでしょうか。

*2 男性は魅力的な女性に出会うと、これがなくても骨抜きになります。

*3 語源は、中国の三角帽。

*4 実はまだこれでケーキを焼いたことがないのですが・・・



 戻る コンテンツのトップへ 次へ