料理遊々
料理遊々トップページ料理のこと>開店準備その8・ユニフォームの話



TOP

料理のこと

食事会

味の話

食育

陶芸修行

おすすめレシピ

店主プロフィール

LINK


掲示板

料理のこと

■開店準備その8・ユニフォームの話■



お店のイメージって、いろいろあると思います。店構えだったり、内装だったり、料理だったり、お酒の品揃えだったり・・・。今回はその一つ、従業員の衣装のお話。

飲食店では、従業員のユニフォームもイメージを形づくる大きな要素になります。特に初めて入るお店では、ファーストインプレッションが大切になります。

開店するときに、いったい自分が何を着るのか、本当に悩みました。一般的に和食の料理人というと、テレビで見る先生方たちのように、白衣、小判帽、白前掛け、そしてワイシャツ、ネクタイです(*1)。

遊々のお店は、和食というよりは居酒屋に近いので、あまり固い格好も違和感がありますし、何より脱サラをするまで、夏のクールビズの時期を除いては、一年中背広ネクタイで仕事をしていましたので、それだけは避けたいと思っていました。

そこで、ネットで飲食店のユニフォームを専門に扱うホームページを見ながら、どんなものを着るのか少しずつイメージを固めていきました。

ある日、共同経営の姉とその話になって、
「いやー、お店のイメージもあるし、何着るか迷っているんだけど、何か考えている?」と聞くと、
「えへへ、実は私もう着る物を決めて、買っちゃった♪」。
「えー!」

遊々としては、相談して決めようと思っていたのに、姉は既に決めていたのでした(*2)。

「それで、何を買ったの?」
「ふふふ・・・、教えな~い♪」
あららー」

という訳で、二人のイメージを統一することは、敢えなく頓挫。遊々は一人寂しく、ユニフォームのホームページとにらめっこするのでした。

白衣でないとすると、作務衣か甚平か、いやそれだとオシャレっぽくない・・・。

そんな中で見つけたのは、和風カフェのユニフォーム。七分袖で機能的で、しかも割とおしゃれ。うんこれ! と言うわけで、上は決まりました。色は紺。下は西洋料理でよく見る細目の黒のパンツ。そして、前掛けは上と同色の紺にしようかと思いましたが、思い直して丈の長い白。

残りは頭。厨房では、髪の毛が落ちるのを防ぐため、小判帽やコック帽をかぶるのが常識なのですが、帽子を省略して短髪(*3)にしました。

これが遊々のユニフォーム


こうしてネット発注が終わり、開店準備で姉のマンションに行っているときに、姉が着る物を見せてもらいました。割とゆったりめのワンピースが日替わりで5色(*4)。これに丈の短いエプロンです。

こんな風に、統一感のない2人ですが、この微妙なアンバランスも私たちの店の個性かもしれません。


*1 なぜ白衣の下がワイシャツ、ネクタイなのか、いまだに疑問。機能的ではないような気がします。

*2 二人の性格の違いが現れています。

*3 「板さんカット」と呼んでいます。

*4 なぜ5色かというと、お店の営業日が週6日なので、毎日替えると曜日によって色が固定されないからだそうです。



 戻る コンテンツのトップへ 次へ