料理遊々
料理遊々トップページ料理のこと>ホームページの匿名性



TOP

料理のこと

食事会

味の話

食育

陶芸修行

おすすめレシピ

店主プロフィール

LINK


掲示板

料理のこと

■ホームページの匿名性■



遊々は現在、ホームページ、ブログなど複数のサイトを管理しています。それぞれ目的や性格が違うので、管理するのはなかなか大変で、頭の中でごちゃごちゃになる時があります。

それは次の6本です。

料理遊々
2006年8月開設。もちろん、このホームページ。
料理をはじめとする趣味をつづったエッセイ集とレシピ集などを掲載しています。

美味しい小部屋
2006年9月、「料理遊々」に遅れること1カ月で開設。付随する掲示板です。
「料理遊々」をご覧の皆さんが書き込めるようになっています。

食育団体たべくみクラブ
2009年4月開設。食育ボランティア団体のホームページ。
食育教室の案内や報告を中心に掲載しています。

たべくみな日々
たべくみクラブのホームページと同時開設。団体のブログ。

酒亭遊々
2012年6月開設。お店のホームページ。

酒亭遊々発プーちゃんの日々
お店のホームページと同時開設。酒亭遊々のアイドル、クマのプーちゃんがつづるブログ。

ブログの書き手、プーちゃん


さてさて、これからが本題。

ご存じのように「料理遊々」は匿名のホームページです。遊々のプロフィールは掲載されていますが、本名は伏せてあり、遊々を含め登場人物はすべてイニシャルかニックネームで、顔の画像も掲載されていません。

ところが、これからリンクを張っている「食育団体たべくみクラブ」では、講師紹介欄に遊々の画像や経歴まで載っています(*1)。

これに対して「酒亭遊々」には、経歴も名前も載せていません。

リンク先を見ると匿名性がなくなるのに、どうしてこんなことになっているのでしょうか。それには訳があります。

もともと「料理遊々」を書き始めたきっかけは、知人のmimiさんが仕事や趣味のことを書いたブログを始めこと(*2)に触発されたからでした。当時の遊々は、仕事人間を卒業(?)して、遊び人間になって少したったころでした。料理やそれに付随する陶芸などに趣味を広げていた最中で、楽しいことなら何でもやってみようと思っていて、自分の趣味や生活をつづる場があればいいと思い、ホームページを開設しました。内容がまったく私的なことでしたので、匿名でいいと思い、ハンドルネームは陶芸の銘を使い「遊々」としました。

このホームページ、最初はごく親しい人たちだけに開設のお知らせをして、見ていただいていましたので、アクセスカウンターの進み方は超スローペースでした。

ある時、仕事場の人に頼まれ、イントラサイト(*3)で趣味の話を書き、そのとき「料理遊々」のURLを紹介しました。その結果、アクセスカウンターが上がるのが急にスピードアップしたのです。しかし、まだ一般的にはあまり知られていなかったように思います。当時はカウンターが上がるのを見て「こんな字ばっかりのサイト、誰が見ているんだろう。読むの大変だろうな~」なんて無責任に思っていました。

食育団体のサイトを立ち上げたのは、団体のPRが目的でした。食育教室の案内やその様子を報告するためです。この団体では、食育の講師も派遣していますので、当然講師役の遊々の紹介ページも作りました。画像や本名、経歴まで掲載しています。

この時「料理遊々」とリンクを張るか、一瞬迷いましたが、まあ知り合いしか見ていないだろうと、大らかにリンクを張ってしまいました。この段階で、両方のサイトを見ている方には、匿名性は失われたのでした。

最後に開設した「酒亭遊々」は、お店を紹介するごく簡単なホームページですから、調理担当者の紹介もする必要がないと思い、遊々のことは書いていません。付随するブログも、お店のマスコットのぬいぐるみが書いているので、こちらも記載していません。
→現在は、スタッフのページを追加し、氏名・画像を掲載しています。

こんな歴史をたどって、6つのサイトは匿名、非匿名が混在しています。「料理遊々」を開設して6年がたちました。最近は遊々が知らない方も、見ていただいているるようです(*4)。すべてのサイトを見ると、匿名性が失われていることは歴然なのですが、遊々自身は6つのサイトの性格の違いを楽しんでいるので、今後も「料理遊々」は匿名のホームページでいくつもりです。

このホームページをご覧の皆さんも、遊びと割り切って遊々と一緒に匿名性を楽しんでいただけたらと思います(*5)。



*1 もっとも、ブログ「たべくみな日々」では、ハンドルネームの「遊々」を使っていますが・・・。

*2 mimiさんのブログ「ケアマネ日記」には、リンク集から入れます。

*3 一般には公開されていなくて、仕事場の人たちしか見ることができません。

*4 お店の開店当初は、まだ「酒亭遊々」のホームページがありませんでした。誰かがお店のことを調べようと「酒亭遊々」で検索すると、「料理遊々」が出てきて、そこからお店のことが分かったりしました。

*5 サイト上ではハンドルネームに徹しましょう



 戻る コンテンツのトップへ 次へ