料理遊々
料理遊々トップページ料理のこと>2年生へ



TOP

料理のこと

食事会

味の話

食育

陶芸修行

おすすめレシピ

店主プロフィール

LINK


掲示板

料理のこと

■2年生へ■



1年生の3学期は、あっという間に過ぎていきます。

このころには、親しい友だちとちょくちょく飲み会をやっていました。始まりは、試験が終わったあとに学校の近くの居酒屋で一杯。その後、男だけの飲み会へ発展しました。学生レストランのところで書きましたが、光塩の男と女の間には深くて暗い川があり(*1)、これではいかんと、まわりの女性にも声をかけて飲み会をやりました。男性は、Aさん、Oさん、Cくん、Yさん。女性はAさん、AT(通称:母さん)さん、ADさん(通称:アクビちゃん)、Iさん、Uさん、Kさん(通称:姐(ねえ)さん)、YHさんが主力メンバー。居酒屋のあとカラオケというコースが一般的でした。講義、実習、飲み会と毎日が楽しくて、楽しくて・・・(*2)

茶室
茶  室
バー
バーもあります

2004年4月、2年生に。あと半年で卒業です。2年生になって変わったことは、教養科目みたいな実習が入ったこと。茶道、ワイン、コーヒー、カクテルをやりました。茶道の先生は、面白い方で、ついに遊々の名前は覚えてもらえませんでしたが(*3)、お茶を点てさせていただきました。ワインも参考になりました。特にソムリエナイフの使い方が。今でも、ワインスクールにいきたいと思っているのは(*4)、この授業の影響です。カクテルも、学校内のバーで現役のプロに教えてもらいました。

そんなある日、K先生から呼び出しが。5月にある新入生歓迎会の企画を頼まれました。私たちが入学したときも、同じ会があり、ビンゴゲームなどをやっていただいた記憶があります。

遊々は、仕事で何回かイベントの企画をやったことがあるので、去年と同じでは面白くないと、同じ夜間部の製菓衛生師科の人と相談して、「赤ずきんちゃん」と「光塩ウルトラクイズ」をやることにしました。

「赤ずきんちゃん」は、これまで4回やり、外したことがない持ちネタです。舞台を光塩に設定したシナリオを書いて、配役を決定。すったもんだの挙句、赤ずきんちゃん=姐(ねえ)さん、狼=遊々、おばあちゃん=ADさん、狩人=Cくん、村人=中国料理のH先生(飛び入り参加)、ナレーション=母さん。いやー、受けましたね。大成功!

外部から来る先生で印象に残っているのは、食品衛生学の男M先生。「男」とつくのは、同じ苗字で女性の先生がいたので、仲間うちでは男M先生と呼んでいたのです。この先生は、1年生から教えていただいていますが、教え方がユニークで、ビッグバンの話から「生物の定義とは何か」(*5)なんていう話なんかをします。授業中質問をしたことがきっかけで、2冊ほど本を貸していただきました。


*1 この歌知ってますか。そうとう古いですよね。題名なんでしたっけ?

*2 ただひとつの苦しみは、味覚障害でした。

*3 遊々はクラスの委員長をやっていたので、大抵の先生は名前を覚えてくれます。

*4 2006年10月現在、まだワインスクールには行けてません。いつかは勉強したいですね。→2009年4月、念願のワインスクールに通い出しました。

*5 生物の定義は@物質代謝を行うこと、A自己複製を行うことだそうです。@は体外から物質を取り入れ、自己のエネルギーにすること。Aは子孫を残すこと。M先生、すみません。勝手に要約してしまいました。



 戻る コンテンツのトップへ 次へ