料理遊々
料理遊々トップページ料理のこと>仕込み酒その3・町内会の話



TOP

料理のこと

食事会

味の話

食育

陶芸修行

おすすめレシピ

店主プロフィール

LINK


掲示板

料理のこと

■仕込み酒その3・町内会の話■



酒亭遊々


9時半、お客様が途切れた店内に、T子ママが入ってきました。

自分でタオル・ウォーマーからおしぼりを出して、
「Rちゃん(*1)、ビール」と一言。

「いまお客さん帰ったんだ。町内会もヒマそうだよ」
どうやら、お客様を見送りして、店に帰らずそのまま来てくれたようです。

T子ママの言う「町内会」って、このフロアにあるお店のこと。

今回は、同じフロアにある店舗同士のお付き合いのお話。

*   *   *   *   *


町内会といっても、そんな団体がある訳ではなく、当然お付き合いにも濃淡が出てきます。酒亭遊々のある地下1階は、14軒の飲食店が入っています。内訳は、鮨屋1軒、焼き鳥屋1軒、居酒屋2軒、バー・スナック・パブ・クラブ(*2)が10軒。地下1階の通路はカタカナのロの字になっていて、両側に店が配置されていますが、酒亭遊々の向かい側だけは店舗がなくただの壁になっています。

店を開店する前に、フロアの全店舗をまわってあいさつをしたのですが、反対側の通路は営業中にその前を通ることが少ないので、ママさんやスタッフの顔がよく分からないお店もあります。

「町内会」の中でお互いのお店に行ったりきたりするのは、Tママのお店、サパークラブF、鮨のS。その他に親子でやっているK、居酒屋Dのご夫婦などとは立ち話をする仲です。

Tの入り口
スナックTの入り口


開店前の仕込み中のこと、
「マスター! 助けて~!」
「どうしたの?」
Fのママ、Gちゃん(*3)が飛び込んできました。

「来て来て! 階段にネズミがいるの」
「え~、どこ?」

行ってみると、階段の端っこに本当にネズミがうずくまっていました。このビルで開店して1年以上経ちますが、ネズミを見るのは初めて(*4)。どこからか迷い込んできたようです。

Gちゃん、かなり離れたところから、
「マスター、どうしよう・・・」
「う~ん、ちょっと待ってて」

店に引き返して、スーパー袋を持ってきて、そっと捕まえました。
「ねえ、それどうするの?」
「大丈夫、大丈夫」

この後、袋のまま離れたところに持っていって、逃がしてやりました。

GちゃnママのF
GちゃんママのF


同じような日常の繰り返しですが、時には火災報知器が鳴ったり、水漏れ事故があったり、何がしかのハプニングがあります。いろいろな事が起こるたびにお付き合い深まって、Fは女の子が同伴でお客さんと飲みにきてくれたり、出前を取ってくれたりするいいお客様でもあります。

この春、お隣にバーRが開店しました。マスターは、20代半ばのCくん。丸刈りの頭に、黒いTシャツという一見こわもてのルックスですが、あいさつもしっかりできていて、けっこうお茶目で「町内会」のみんなに可愛がられています。

「ママ、眠ぅ~い」
お客さんが途切れた店に、入ってきたCくん。疲れた目をしてます。

「何、きのう何時までやったの」
Rの営業時間は、夜8時から朝6時というロングランです。

「9時。それから飲みに行った・・・」
「あら~、それは大変。なんか食べる?」
「うん、おにぎりとみそ汁が食べたい!」

Cくん経営のバーR
Cくん経営のバーR


「町内会」の動向で気になるのは、やっぱりお客さんの入り。トイレに行くたびに店の中をチラ見したり、カラオケの音がどのお店から流れてくるかでにぎわっているかどうかが分かります。


最後に内緒の話。

あまりお付き合いしていない中に、こういうお店はどうかな、と思える所があります。入口を開けっ放しにして大音量で音楽を流したり、店構えの割に高いお店、ゴミの出し方が悪い、トイレで会ってもあいさつなしなどが当てはまります。

そんな時は「ね、ね、きのうあそこの店でこんなことがあったんだよ」と噂話。このへんは、実際の町内会に似ています。


*1 T子ママは、うちのママをこう呼びます。

*2 この4つの区別が相当難しいので、ひとくくりにしてしまいます。

*3 Gちゃんママ、若いころの沢尻エリカに似ていいオンナ。

*4 ちなみにゴキブリも見たことがありません。



 戻る コンテンツのトップへ 次へ