料理遊々
料理遊々トップページ陶芸修行>陶芸の芸風・その3



TOP

料理のこと

食事会

味の話

食育

陶芸修行

おすすめレシピ

店主プロフィール

LINK


掲示板

陶芸修行

■陶芸の芸風・その3■



<grebelさん>
赤ぴのおネエさま(*1)、grebelさん。
ロングヘアーに、くりっとした瞳が印象的。よく話す人の一人です。活発で、テンポのいい口調と楽しい話題。でもナイーブ。遊々の食事会にも来てくれます。

ほの暗いバーなんぞで会うといい感じの女性ですが、実は全然お酒が飲めないとか。ちょっと残念ですね。

陶芸は、ろくろの作品が多くて、少し厚めでかわいい感じの器をひいています。メルヘンチックな作品です。一時、水玉シリーズにこっていた時期があったと思ったのですが、今はどんなものが好みなんでしょうか。

grebelさんの作品 grebelさんの作品2
ランプシェード
grebelさんの部屋?
かわいい
奧にも作品がいっぱい

<K先生>
ご存知、信楽帰りの先生。赤ぴ講師陣では、唯一男性です。
顔は・・・ う〜んと、ポパイ似かな(*2)。まだ若い。

人あたりが柔らかで、教え方も上手。陶芸で、わからないこと、困ったことがあると、よく相談します。
乾燥するときのひび割れの直し方とか、高台皿(*3)のろくろの引き方とか、いろいろ教えてもらいました。とにかく技術力がスゴイ。頼りになる人です。

手びねり、ろくろ、何でもやります。大作も多く作っています。画像は、2007年正月の飾り物です。この作品は、割と女性的ですが、普段は男性的なラインの作品が多い。結構、おしゃべりです。

K先生の作品
スゴイ! どうやって作ったの?


*1 といっても、ニューハーフではありません。女性。

*2 K先生、知ってますか? ホウレンソウを食べると、強くなる水兵。「ぽぱい・ざ・せーらーまん・ぽーぽー」っていうあの人。恋人はオリーブ。敵役はブルート(だっけ?)。

*3 平たいお皿で、高台の部分が高くなっているもの。



戻る コンテンツのトップへ 次へ