料理遊々
料理遊々トップページ陶芸修行>赤ぴのコンテスト



TOP

料理のこと

食事会

味の話

食育

陶芸修行

おすすめレシピ

店主プロフィール

LINK


掲示板

陶芸修行

■赤ぴのコンテスト■



小皿・豆皿コンテスト
小皿・豆皿コンテストの応募作品
人気投票で入賞を決めます

赤ぴでは、ときたまテーマを決めて陶芸コンテストを行います。どうやら大N先生(*1)とMさんが企画しているもよう。実施するときは、赤ぴの壁に大N先生作の、似顔絵つき(*2)ポスターが張り出され、「応募する人は、○月○日までに本焼きに入れてください」と書いてあります。

最初は確か「はし置きコンテスト」だったはず(*3)。その後、「酒器コンテスト」、「花器コンテスト」ときて、今回は「小皿・豆皿コンテスト」。今回は、遊々、コンテスト初挑戦。

小皿1
どうみてもK製菓の薄焼き

粘土を前にして、どんなのを作ろうかと考えます。もともとは、手のおもむくままに作陶するのではなく、きっちりイメージを決めてから始めるほうですが、今回は別。最初に作ったのは、デコボコの丸い皿。粘土のかたまりから、切り出すようにして作ったのですが、出来上がりはどこからみても「薄焼き」。



小皿2
第2の作品
白よりこっちのほうが好き
気を取り直して、次はたたら。ちょっとひねって、伸ばした板の上に切り糸(*4)を巻きつけた麺棒を転がして模様をつけました。それを、台形とかひし形とかに適当に切って、端を持ち上げます。うーん、なかなかいい。模様のところに黒系の釉薬を流して、上から白萩という釉薬。

この皿、荒目という茶色っぽい仕上がりの粘土で作ったのですが、気に入って、白土で10枚作ることにしました。白土のほうは応募する気はなかったのですが、なぜか応募作品に入っていました。

赤ぴのコンテストの入賞は、生徒の人気投票で決定します。今回も1人2票札入れ。ちょっと迷って、おなじみのYさん、Sさんに投票(Mさん、Yちゃん、そのほかの皆さん、ごめんね)。

小皿3
これ5位
発表では、遊々の作品のうち、白土のやつが5位に入賞。K先生から商品の粘土引換券をもらいました。

優勝はSさん。最近の芸風(*5)、紅葉シリーズの小皿。Yさんは遊々と同じ5位。こちらも最近の芸風、水玉もよう。

初めての参加だったけど、結構面白かった〜 大N先生、またやってね。



*1 もともとはN先生だったけど、同じ苗字のN先生が登場してから、大N先生と呼ぶことにしました。もちろん、面と向かって本人には言えません。このサイトだけの呼び名。

*2 ちょっとキモい假屋崎さんとかバツグンにうまい。

*3 間違えていたらゴメンナサイ。

*4 電動ろくろで作陶するときに、最後に粘土のかたまりから作品を切り離す糸。赤ぴで使っているのはタコ糸みたいです。

*5 遊々は「作風」とは言わず、こう呼んでいます。



戻る コンテンツのトップへ 次へ